経営者の皆さん
何のためにWEBを作るのですか?
なぜ看板を作るのですか?
なぜ店舗を改装するのですか?
売上を上げるためですよね
試してみて売上はあがりましたか
売上アップは一時的?
コスパはどうですか
何かが間違っていませんか?
アタカプランニングは

お知らせ

 

アタカプランニングのスタイル

 

戦略+デザイン+コンサルティング

「アタカプランニングは何屋さん?」お客様からのこの質問に、ピッタリな業種を探し求めて十数年。未だ求めるものには至らず、それならばと最近お伝えしているのがこの「戦略+デザイン+コンサルティング」という言葉。少々長いですが業務そのままなイメージです。

おおよその方にはデザイン事務所と認識いただいていますが、弊社が一般的なデザイン事務所と大きく違う点は、戦略とコンサルティングのパワーを組み込んで集客・販売促進につなげているところにあります。

戦略って何のこと?

私たちは「戦略」を、「お客様が求めるゴールに導くための仕掛け」として位置づけています。
ですからお客様ごとに、また制作するツールにあわせて「お客様を呼び込む仕掛け(集客)」「商品を手にとっていただく仕掛け(販売促進)」「売上アップさせる仕掛け」と当然戦略が変わっていくのです。

「それって別に普通のことじゃないの?」ってお思いの方、
いえいえ意外とそれができていないデザインが多くあります。

料金には理由があります

弊社のWEBからお問合せを頂いた中で、「もっと安くできないの?」「他社はもっと安いよ」というお声をいただいたこともございます。でも実際の作業内容、もたらされる結果を考えていただければ、決して高い料金設定ではないと考えています。

実際に戦略的な改善を実施頂き、大幅な売上アップや利益率アップ、集客という結果が出ると、その費用対効果のポテンシャルの高さに驚くはずです。本音だと「もっと高くてもいいんじゃない?」って思っていただいています。

例えば、基本戦略からデザイン、WEB、店舗改装、看板製作、商品撮影、メニュー制作、パンフやショップカードの印刷、これ全部入れて400万円かかった飲食店さん。売上は最大4.5倍、6年間の累積粗利益増は驚きの9000万円! 400万円投じて、9000万円も増えるってどんなコスパでしょうか?

高い安いではなく「無駄な改善投資をするのか?」「活きる改善投資をするのか?」「最終的に幾ら利益を得るか?」でお考え下さい。
アタカは「経営者様にムダ金・捨て金を使わせない」をモットーに日々努力しています。

是非あなたの事業の大きな力となりうる、「戦略+デザイン」をお選びください。

アタカプランニングの使い方

 

何が頼めるの?

目標に向かった戦略立案のできる企画デザイン事務所ですから、そのサービスはいろいろございます。
一般的なもので言えば
・ブランディング ・デザイン ・販売促進戦略 ・集客戦略 ・商品パンフレット ・会社案内 ・ホームページ ・店舗改装支援 ・店舗開業支援 ・システムプログラミング ・選挙支援などなど。

ですが、弊社の本質は「クライアント事業の課題解決」です。
あらゆる制作物・デザイン・コピーは、単体の良し悪しではなく、クライアント様が掲げる到達目標を叶えるために「相乗効果」として使われて本来の役目を果たします。最近ではSOLUTION(ソリューション/課題解決)と言います。

お客様を増やすためのイメージアップ(WEB・チラシ・外観・看板)
利益率を高めるための付加価値アップ(ブランディング・内装・商品開発)

アタカはあなたの事業の「成功への道筋」を提供し、それを実行します。

まずはご相談ください。

※詳しくは「サービス案内」ページをご覧ください。

どんな業種、どのエリアが対応できるの?

飲食業、専門販売業、行政・自治体、公共団体、士業、観光業、美容関連業、医療関係業、スポーツ、アミューズメント、工業、製造業、建築業、農業、修理・メンテナンス業、宿泊業、社寺、各種学校関連 などなど、様々多くの実績がございます。

また対応エリアにつきましては、神奈川県・東京都のクライアント様が多くございますが、過去には広島県・北海道・山梨県への実績もありますのであまり制限を設けておりません。
ご相談のご依頼で製作に結びつかない場合でも、交通費などの実費のみで出張するケースも多々ございますし、最近ではネットを多用して、現地に行かずともやり取りが可能になっています。まずはお気軽に相談ください。

※詳しくは「ご相談の前に御覧ください」ページをお読みください。

「売上が落ちた」「お客さんを呼びたい」、
こんな漠然とした問題を解決するのが得意です

例えば集客。新規のお客様の獲得で伸び悩んでいる場合。
ご相談ただければ状況を把握するため、必ず実際にお店を拝見させていただきます。そしてこの段階でその理由が「ある程度わかってしまいます」。
他社で作ってもらったWEBやパンフレットで、目標が達せられなかった場合も同様に、原因はその中に含まれているものです。これは過去数百件の実績で得たノウハウによるアタカプランニング独自の調査方法で明らかになります。
現在の問題の原因を知っていただくだけでも、今後の方針が立てやすくなります。ご相談で良いきっかけにしていただければ幸いです。
 

アタカプランニングの強み

 

売上アップの専門家であること

戦略とデザインによる事業魅力のコントロールで、集客・販売促進を可能にし、ほぼ100%売上アップする環境を提供できます。

今の売上、限界ですか?
事業は魅力を上げると利用者が増えます。あなたの事業魅力はまだまだ向上する筈です。
同じ立地条件でも、通行人がお店に入る確率が上がればそれに比例して売上が上がります。

アタカはそんな事業魅力の作用を研究し、新しい事業改善ノウハウを蓄積しています。

250超の実績案件と97.5%の売上アップ目標数値達成率

売上アップを唱えるコンサルタント会社は沢山ありますが、弊社のように実績を多数掲載しているところはありますでしょうか?
また、デザイン事務所でもポートフォリオとして実績を掲載してはいても、コストやそれによってどの位事業成績が改善されたかのデータを掲載しているところも少ないです。

弊社の97.5%という高い成功率。実を言うと、弊社の提案通りに改善し、弊社のアドバイス通りにアクションを起こしていただいたクライアントさんに、現在のところ未到達は存在しません。つまり、100%成功する提案をしているという事です。

100%。弊社において、戦略デザインを駆使した集客・販売促進・売上アップは「ギャンブル」ではなく、「必ず辿り着く到達地点」です。

弊社のメインサービスは日本の経営者の90%以上が欲する「売上アップ」

「良い看板を作って欲しい」「売れるWEBを作って欲しい」「格好いいデザインを作って欲しい」

何の為ですか?凡そは集客・販売促進・売上アップの為です。
ですが、本当に「それ」をすれば売上が上がるのですか?
もしかすると課題は他にもあるのではないですか?

アタカは事業の本当の課題を見つけ、戦略とデザインを駆使して総合的に改善します。
総合的とは贅沢な事ではありません。総合的に改善しないと、改善しなかった課題が足を引っ張って売上が上がらないのです。
総合的に改善する事が損が無く、最も費用対効果が高いのです。

弊社の実績をじっくりと見て下さい。いろいろ総合的にやっています。
何を改善するか?専門家としてしっかりと判断し、売上アップに繋げます。

売上2倍で営課題の9割が解決

 

売上アップを諦めていませんか?

下の表は2011年に日本政策金融公庫が発表した経営者課題です。
複数回答ですが、上位7項目は売上が上がれば、又は売上が上がり利益が増えれば解決するものばかりです。

ですが「売上アップ」というダイレクトな要望はありません。

経営者の深層心理に「売上は上がらない」という固定観念があり、そういう要望を持たないというあらわれではないでしょうか?

確かにバブル崩壊後四半世紀以上、中小企業の売上は下がり続けています。老舗の大企業も例外ではありません。800万事業所が300万事業所までに減少しました。世界恐慌よりひどい状態です。

本当に売上は上がらないのでしょうか?

弊社はこの15年間、250以上の中小企業の売上をアップさせています。売上アップの新しいロジックを見出し精度を高め、現在の成功率は97.5%に到達しています。

何度も試した。でもそれは正しい売上アップ手段では無かった。

売上アップで解決する上表の課題

営業力・販売力の強化 → 売上アップが目的

人材確保・育成 → 人件費を高めれば叶う事→それには売上アップ・利益アップが必要

値上げ・コストダウン → 利益が取れないから欲する→利益率を高めれば解決する

財務強化 → 黒字の確保・内部留保の増加→売上アップで叶う

技術開発・研究開発 → 売上アップ・利益アップして予算が取れれば叶う

商品開発・新規事業展開 → 内部留保があればすぐに実行できる→売上・利益アップして内部留保を高めれば叶う

ブランド育成 → 売上・利益率を上げるための手段

どうでしょう?売上アップとは言わないですが、売上が上がれば解決する課題ばかりです。
真剣に売上アップを試みてみませんか?

経常利益が増える事=経費を使えるという環境

バブル崩壊以後25年以上、事業は常に効率化を求められ、リストラ・経費削減を繰り返してきました。今の経営課題は多くあります。
人手不足・設備や店舗の劣化・福利厚生が出来ないなどなど。

しかし、利益が増えたらそれらは一度に解決する事です。
人手不足には人件費の向上で対処、設備や店舗の修繕もできます。もちろん福利厚生も充実します。

真の課題は事業効率化ではなく、売上確保・利益確保だったのです。
売上は上がります。利益率も高くできます。是非ご相談ください。

トップの参謀。中堅企業のご相談

年商数億円の中堅企業だと社長の参謀的な働きになります。戦略コンサルタント的な立ち位置ですね。
定期的に訪問したり、メールやSNSで課題を貰ったりしています。
勿論、課題解決がアタカの役目です。

ソリューション。大企業のご相談

大企業だと社全体の改善というより、課題・プロジェクトごとのソリューション支援です。
プロジェクト会議に出席し、弊社のタスクを確認して、提案したり、付加価値をつけたりしています。
過去に大手広告代理店特別プロジェクト室(政党選挙)、大手電機メーカー営業会議、老舗運送会社取締役会議等へ参加しています。

事業を好転させる一歩を踏み出す

アタカは事業を見て成長する余力を探り、豊富な実績や経験値から、経営陣では気付かない事業の魅力を探り当て、その魅力が事業利益につながるかを考え、経営者に損のない事業改革案を提示します。
アタカに相談するという事は「事業を好転させる一歩を踏み出す」という事。

数字が物語る。
+戦略デザインのチカラ
理論じゃなく、結果が重要。アタカには結果があります。数字を見ればきっと解ります。
黒字化計画改善253案件 目標数値到達97.5%  弊社提案を100%履行した場合100%  平均売上成長率前対比180%  平均粗利益増加率前対比200% 平均投資回収月数24か月  選挙支援勝敗29戦全勝 国政政党衆議院数6議席22議席
戦略デザインと実行には予算がかかる。でも、予算を無駄にしないのがアタカの改善。

POLICY

 

実績紹介

 

ページトップ